東洋カプセル株式会社

 

 

ソフトカプセルを中心に医薬事業はもとより食品業界にも幅広く活躍。
創業当時は平板法による手作業で生産していたソフトカプセル充墳も、現在では最新の自動機に切り替わり、ハードカプセル、
錠剤の生産ラインも確立している。
そして小児、 高齢者へ向けた次世代の剤型「流体製剤Camsle®」、「粒子状製剤」の製造設備も完成。

 

http://toyo-cap1.com/ja/